ウラウラ♪パピヨン天国

愛犬2匹とハンドメイドな日々・・




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

ありがとう はぴぃ :: 2014/08/27(Wed)

DSC02806.jpg
はぴぃが旅立って3週間・・

もう3週間 まだ3週間 どっちなんだろう。

生活する中で はぴぃがいないんだって言うことを何回も何回も実感して
その都度 涙することは段々と少なくはなって来たけれど 悲しい寂しい気持ちは変わらない。

まだまだ時間が必要です。



でも記憶が薄れないうちに書いておこう。
悲しいけど薄れて行っちゃうものだから。



8月8日の晩に はぴぃはお空に昇って行きました。



お空に旅立つ前にはぴぃ自らお膳立てをしたかのように 虫の知らせを聞いたお友達や
本当はパンケーキを持ってお見舞いに来るはずだったお友達がはぴぃに会いに来てくれました。


DSC03007.jpg
みんなに寝ているようないいお顔だねって よく頑張ったね えらいねって褒めてもらえて 
いっぱいなでなでしてもらっている姿を見ると はぴぃは最後の最後までみんなに
可愛がられたかったんだなーって思えました。

小心者の癖にお調子者で目立ちたがり屋で 周りの人から褒めてもらうのが大好きな子。


悲しくなるから はぴぃの眠っている顔なんて撮るつもりは全くなかったのに・・
なんか この満足そうな幸せそうな顔を見ていると撮らなきゃって思えて。

この写真を見ると 痛みや苦しみからも解放されて自由に走り回れることもできて
やっと楽になったんだなぁ 楽しんでるんだなぁって思えるので 気持ちが救われるのです。



DSC03021.jpg

DSC03022.jpg
はぴぃが呼んだお友達のおかげでお花に囲まれて はぴぃは本当に幸せものでした。

犬は大嫌いだったけど 人は大好きだったから みんなからはぴちゃんはぴちゃんって
親しんでもらえたように思う。 


・・と感慨にふけっていたいのは山々だったけど
はぴぃを送り出す準備をして 最後までしっかり見届けてやることが
私がはぴぃのためにしてあげられる最後の役目。
泣いてる暇はない。



DSC02982.jpg
このニットのワンピースは以前編んだもので力作ではあるけれど フリフリ過ぎて 
はぴぃにはあまりにも似合わなくて確か1回しか着せていない。

だけど はぴぃは私が編んだ洋服だけは嫌がらずに着てくれたし 力作だし・・
どうしても持って行って欲しかった。
火葬する時に もしかしたら付いてるパールがダメって言われるかなと思ったけど 
快く承諾してもらえたのでほっとしました。

お空で「これ手編みやねんでー」って自慢してもらえると嬉しい。
正直 似合わないのがネックだけど



DSC03029.jpg
そうそうこれも入れよう
と慌ててタンスの奥から引っ張り出して来た感満載の手編みのセーター。

これも確か1回くらいしか着せてないけど(結局手編みの物ってそんなもの。既製品の方が可愛いもん!)
はぴぃパパと色違いのおそろセーターなのだ。

冬になってはぴぃも着てるよって言えば はぴぃパパは泣いて喜んでくれるはず。
お空にいるはぴぃとおそろって なんか素敵じゃないですか・・。
あっふわりともおそろだけどね(笑)



後は・・
DSC03033.jpg
はぴぃ飯もね!

はぴぃの好きな物ばっかり入れておいたよ。
レバーにハツにチーズもね しっかり。
ふわりがめっちゃ美味しそうに食べてくれたから はぴぃも喜んでくれると思う。

それとはぴぃの大好きなササミジャーキーと鮭ジャーキーも焼いて入れておいたから。



絶対に忘れちゃいけないのが はぴぃの大 大 大好きな・・
DSC02997.jpg
星乃珈琲のスフレパンケーキ。

本当はね はぴぃがこれを食べて元気になるはずだったんだ。
だけどお友達が持って行くよーって言ってくれた日に旅立ちゃったから・・

お空に持って行きなって お空で食べなって持って来てくれました。


独り占めするんじゃなくて お友達みんなで分けて食べるのよって送り出したはいいけど
先に行っているお友達が大型犬の子が多くて 足りないんじゃないの・・って
真剣に心配したりもしました
 
最後の時にお腹に大切に抱えるかのようにパンケーキ1ホールを持たせてやったので 
その姿を思い出す度に悲しいんだけど なぜかぷぷっと笑えるのでした。




はぴぃの写真を撮っていると 普段はカメラから逃げるふわりが・・
DSC03012.jpg
ふわりとはぴぃ姉ちゃんを撮って~って言わんばかりの位置に座り おもむろにカメラ目線。

最後の記念写真だね。。。


夜の9時に 火葬してくれるおじさんがやって来て・・・
私達の心にそっと寄り添ってくれる優しい方でした。

「この子は苦しまずに逝けたんだね。顔が穏やかなのと身体が柔らかいから。」って

この言葉にとても救われました。

この言葉がなかったら ずっと自分を責めて責めて責め続けていたと思うから。



お月様がきれいに輝く中 はぴぃはお空に静かに昇って行きました。




おじさんに「すごくきれいないい骨だよ」って褒めてもらえました。
骨まで褒めてもらえるなんて(笑)

満面の笑みのはぴぃの顔が浮かびました。


DSC03058.jpg
このカプセルの中に はぴぃの尻尾の骨と 特別にお願いして歯も入れてもらいました。

仔犬の頃から噛まれていっぱい悩んで 介護する中でもいっぱい噛まれて・・
思い出ありすぎる 今となっては愛しい 歯 です

ちなみにはぴぃパパのカプセルには前脚の指が入っています。
前脚にははぴぃパパもたくさんの思い出が詰まっているようです。


おじさんからもらった時点ではキーホルダータイプの極シンプルなカプセルだったけど
渡された時にふと「デコろう!」って思いついたのでした。

初デコだし 老眼だしでもうほとんど見えてないけど はぴぃへの愛情の一心だけで
ひたすらデコっていたように思う。

歪みまくりだけどいいよね!!
スワロの数だけ愛情はいっぱいに 思い出の数だけキラキラに


これからはどこへでも どんな時も一緒にいられる。



でも・・
DSC01268.jpg
時々は会いに来てね はぴぃ。









スポンサーサイト
  1. 東京わんこになったはぴふわ
  2. | comment:8

ありがとう ふわり :: 2014/08/26(Tue)

ふわりがいてくれて本当に良かった。。。

DSC02949.jpg
ありがとう。

本当にありがとう。
たくさん助けてもらったよ。

今 笑えたりするのはふわりのおかげ。
1歩ずつ前に進んで行こうって思えるのは ふわりのおかげ。



DSC02924.jpg
この4か月 はぴぃもすごく頑張っていたけど 実はふわりもものすごく頑張っていたのを知ってる。

だけど 中々ふわりに気持ちが行かなくて 寂しい思いをいっぱいさせてしまって・・
ずっと我慢していてくれていたのも知ってる。


やきもち焼きで いつもはぴぃの邪魔をしたり ちょっかいを掛けたりしていたのに 
はぴぃが後脚を麻痺してからは一切 そう言うことをしなくなった。

はぴぃを抱っこしていても 本当は膝に乗りたいのをじっと我慢してくれていた。


仕事や買い物に行く時には
「ふわり、はぴぃ姉ちゃんのことちゃんと見といてな。」 って言うと 
はぴぃのベッドの側にお座りして 尻尾をブンブンッて降ってくれた

ものすごく心強かったよ。。。


はぴぃの介護&看病に集中できたのは そんなふわりの頑張りがあってのこと。


DSC02989.jpg
でも ある日突然はぴぃがいなくなって 私達は毎日泣いてばかりで・・
すごくすごく心細かったんだろうな・・。

ふと気が付くと とても不安そうなオドオドした目をしていた。



決して仲良しじゃなかったけど・・

はぴぃがいてくれたからって言うのはふわりにとってすごく大きかったと思う。

苦手なお散歩も はぴぃのもこもこの大きなお尻に隠れれば怖くなかったもんね



DSC02995.jpg
はぴぃがいなくなると ダメ子ちゃんになるだろうな~~って予測はしていたけど・・
案の定と言うか いや予測を上回ると言うか。

家では 自己アピールをしなくなっちゃった。
甘え上手のアピール上手な子とずっと思っていたのに。
はぴぃがいないとその必要性もないってことなのかな。
ちょっと寂しい・・

外では超がつくほどに大人しい。

昔ははぴふわが来ると(激しく駆け寄ってくるので)砂煙が立つねって友達に言われていたのに
あれは激しいはぴぃにふわりが一緒に引きずられていただけだったのか

そう・・私もはぴぃパパもふわりもみんなが はぴぃに引きずられている感じだった。

はぴぃの存在は家族みんなの心の支えだったからね。
病気で寝たきりになっても そこにいてくれるだけでみんな元気になれた。


だからたぶん 家族みんながぽっかり心に大きな穴が空いてしまったんだ。



DSC03088.jpg
これからは 私やはぴぃパパがふわりの心の支えにならなきゃね。

頼りないママだけど はぴぃが見守ってくれているからきっと大丈夫。

ふわりの歩幅に合わせてゆっくり1歩ずつ進もうね。

ふわりのニャハニャハ笑顔をいっぱい見られるように頑張る






  1. 東京わんこになったはぴふわ
  2. | comment:4

愛しのはぴぃ :: 2014/08/11(Mon)

DSC09969.jpg
私の大切な愛しい愛しいはぴぃが 8月6日 午前2時に旅立って行きました。

11歳と1ヶ月でした。



DSC01717.jpg
12歳のはぴぃ 13歳のはぴぃ 14歳の・・ これから歳を重ねて行くはぴぃを見たかった。

だけど 一生懸命に闘って頑張ってくれたはぴぃに もっともっと頑張れってもう言えない。
だってこれ以上頑張ったら 苦しむのは目に見えていたから。

先生に咀嚼できなくなるのは時間の問題と言われ 最後の検診では脊髄の痛み止めの点滴も
検査の数値が悪くてできなかった。


でもあと一日 せめて一日でいいから一緒にいたかったな・・


DSC00693.jpg
最後まで頑張り屋さんの強い子だった。

痛かったね しんどかったね・・
そんな中 本当によく頑張ってくれたね



DSC09585.jpg
ありがとう はぴぃ。

これからもずっと大好き。



応援して下さった皆さん 本当にありがとうございました。
はぴぃ 本当によく頑張ってくれました。
そんなはぴぃを 私は誇りに思います。





  1. 東京わんこになったはぴふわ
  2. | comment:32
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。