FC2ブログ

ウラウラ♪パピヨン天国

愛犬2匹とハンドメイドな日々・・




良いお年を! :: 2009/12/30(Wed)

067_20091229235559.jpg
すっかり元気を取り戻し、安心したのもつかの間・・

今度は皮膚の調子が今一つ悪く、湿疹箇所が増え脱毛も伴って来たので
また病院に行って来たはぴぃです。

湿疹は甲状腺機能の低下からも発症するらしいのですが はぴぃの場合
痒みがあるようなので アレルギー性の皮膚炎と診断されました


で、お薬が処方されたわけなのですが 抗生剤 消炎剤 皮膚のサプリ
それと現在服用している甲状腺のお薬+強肝剤・・・
お薬がてんこ盛りとなってしまいました

お薬を服用してる間は缶詰(処方食)がトッピングされるので
はぴぃは喜んでそのお薬てんこ盛りご飯を食べてくれています。
フードも処方食だし、全くもって健気な子です


実ははぴぃ、どうやら体に入るものが敏感に肝臓に反応する体質のようで
この所は特に肝臓の値が安定しません・・。
だからこの3か月ほど強肝剤を服用しているのですが。

とりあえず一週間皮膚炎のお薬を服用して はぴぃの体の反応を
見ることになりました。
年明けに血液検査かな。


057_20091229235559.jpg
はぴぃの体の中はここに来てバタバタっとちょっぴりややこしくは
なってるけど、はぴぃ自身はとっても元気です

元気で明るいはぴぃが嬉しいし、何よりも私が「かわいそう・・」だなんて
少しでも思うと はぴぃにも敏感に伝わってしまいます。


それに2年前だったか・・
はぴぃがCT検査を受けたことがあって、その時にある病気の可能性を示唆され

はぴぃの年齢では手術は無理」とか「最後は脳の神経が侵される」

なんて言われた時の衝撃を思ったら それ意外のいろんな病名を告げられても
「死なへん死なへん!お薬で治療できるやん!」なんて思ってしまう始末で 
なぜだかほっとしてしまう自分がいます。。。

あっ、その病気の可能性はなくなりましたのでご安心を!

 
なってしまった病気はいくら悔やんでも仕方がないので 後はどれだけ
仲良くその病気と共存できるかだと思います。

甲状腺の病気も食物アレルギーも治らない病気だし
肝臓や今回のアレルギー性皮膚炎は気長に付き合って行くだろう病気だし・・。


よく「病は気から」と言います。
私は「わんこの病は飼い主の気から」だと思うんです。


病気の機嫌を損ねないようにしながら 楽しい毎日を過ごして
笑ってたらいつの間にか「良くなってたね」「治ったね」って言えたら素敵かも。。。


そんな一年をはぴふわと一緒に過ごせたらと思います


046_20091229235559.jpg
皆様 良いお年をお迎えくださいね。






スポンサーサイト



  1. 滋賀犬民のはぴふわ
  2. | comment:8